新緑の候、皆様におかれましては、益々御健勝の事とお慶び申し上げます。  昨年9月に開講いたしました「アジア塾SENDAI」は、毎回、多くの皆様に御参加を頂き、御好評を博しております。皆様に厚く御礼を申し上げます。  さて、来る5月27日(土)の「5月例会」におきましては、ゲストとして、東北大学大学院国際文化研究科教授の江藤裕之先生をお招きし、「東アジアの英語と日本の英語教育」について基調講演を頂きます。その後、会場の皆様からの御質問ならびに私自身の国内外の大学で講義を行った経験談も交えながら、江藤先生との対談を企画しております。 皆様、万障お繰り合わせの上、御参加頂ければ幸いと存じます。
 平成29年4月吉日 「アジア塾SENDAI」塾長 梅原克彦

イベント詳細

東北大学大学院国際文化研究科教授
学校法人清風学園顧問
国際コース準備室室長

江藤 裕之 先生

(えとう ひろゆき)
ゲスト

江藤裕之 先生 (えとう ひろゆき)

メッセージ

グローバル化が叫ばれ、IT技術の急速な発達により情報が瞬時に国境を越えて飛び交う今日、国際コミュニケーション語としての英語の重要性はますます高くなっています。近年、わが国では、コミュニケーションのための「実用英語」教育が重視され、大学の英語教育においてもさまざまな改革がなされていますが、多くの日本人はまだ英語に苦手意識をもっているようです。そこで、世界共通語としての英語が日本の近隣諸国でどのように使われ、またどのように教えられているかを紹介し、わが国の英語教育について皆さんと考えてみたいと思います。

プロフィール 

1963年福岡県北九州市門司区生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。在学中にミュンスター大学(ドイツ)に留学。上智大学大学院にて社会学、英語学の修士課程を修了後、ジョージタウン大学(アメリカ)に留学。2000年にジョージタウン大学よりPhDを、2002年に上智大学より博士(文学)を取得。西洋精神史・学問史の立場から言語学の歴史を研究し、リベラル・アーツ教育という視点から日本人のための英語教育の構築を試みる。勤務校の研究科では言語科学研究講座に所属し、大学院生(修士・博士)の指導の他に、言語学の英語コース、学部生の英語授業を担当している。指導の学生には世界各地からの留学生も多い。著書に、『聖書の言葉・詩歌の言葉』、『古事記が語る原風景』、『国境を越えた源氏物語』、『芸術都市の誕生』(以上、共著、PHP研究所)、Philologie und Sprachwissenschaft (Nodus Publikationen)、Multiple Perspectives on English Philology and History of Linguistics: A Festschrift for Shoichi Watanabe on His 80th Birthday (共編、Peter Lang)、など。近著に『英文法のエッセンス』(大修館)、また、渡部昇一(上智大学名誉教授)、平岡弘章(清風学園中学校・高校副校長)との鼎談『グローバル・エリート教育』(PHP研究所)がある。

 
日時

2017年5月27日(土) 14:00~16:00

※参加申し込みの締め切り 5月23日(火) 

資料代

1,000円

茶話会のご案内

 終了後(16:15~17:15)、同じ会場にて、ゲストの江藤裕之先生を囲んでの茶話会(意見交換会)を開催致します。
こちらにも是非御参加下さい。(事前お申し込み制。)
茶話会参加費:1,000円

お問い合わせ等

アジア塾SENDAI(塾長 梅原克彦)

090-2652-6111(梅原宛)

会場MAP


 

会場名称

「エル・パーク仙台」 セミナーホール1.2(141ビル5階)

住所

〒980-8555 仙台市青葉区一番町4丁目11番1号

141ビル(仙台三越定禅寺通り館) 5階・6階

アクセス

地下鉄:仙台市営地下鉄南北線 勾当台公園駅下車(南1番出口より地下道で連結)

※仙台駅から泉中央駅行きで2駅

バス:商工会議所前 または 定禅寺通市役所前下車 

TEL

022-268-8300

営業時間

午前9時~午後9時30分まで

その他 

参考ホームページ 

「エル・パーク仙台」 スタジオホール1.2(141ビル6階) 

5月例会参加申し込みフォーム

参加ご希望の方は、5月23日(火)までに、下記の5月例会参加申込フォームの各項目をご記入の上、送信ボタンをお押し下さい。
また、下に5月例会のチラシをご用意しておりますので、A4サイズでご印刷の上、御参加申込書の項目をご記入の上、指定したE-mail、または、FAXにてご送付願います。
人数に限りがございますので、お早めのお申込をお願い致します。